〜就職活動〜どの業界に就職したらいいの?

働くのって大変ですよね。せっかく働くのだから、お給料がたくさんもらえたり、役職に就きたい、と思いますよね。

しかしいまの社会では、産業によって金銭的な報酬には大きな差があります。

【全113業種】業種別モデル平均年収ランキング2017(1~50位) | マイナビ転職」によれば、上位の金融業(投資銀行、生命保険、証券取引)の平均年収は800万円前後であるのに対して、下位の小売業(スポーツ用品、アパレル、ホテルetc)の平均年収は400万円前後です。明らかに「どの産業に就職するか」で金銭的な報酬の限界が決まってしまうわけです

 

そこで「金銭的に努力が報われやすい産業は何か」に興味を持ちました。

金銭的な報酬は

稼いだ金額

になるはずです。しかしこの式が成り立つ人は自営業者の人だけです。

会社で働くサラリーマンは

みんなで稼いだ金額/社員数

になります。つまるところ、社員数が少なくても売上が大きな産業で就業すればいいのではないか、という結論です。

 

ではどのような産業が該当するのでしょうか。結論は人以外も働く産業です。例えば金融は人以外にもお金に働いてもらっているし、不動産であれば人以外にマンションや、オフィスビルなどに働いてもらっています。中でもITは不動産、金融と負けず劣らず、その傾向が強いです。GoogleAmazonFacebookはここ10年で世界トップクラスの売り上げを誇る企業に成長しました。

 

つまり、稼ぎたい人はIT業界に就職するといいよ!ということです。もちろん、IT業界内のどの会社でもいいという訳ではありませんが、ひとまずどの産業を選ぶべきか、という問いには、自信を持ってIT業界がいいよ!と言えます。