「家族」

「ご飯できたよ〜」

 

母はいつもそう言って2階にいる、僕を呼び出すけど正直それが面倒だとかうざったいと思ってた。

 

休みの日に1日中テレビの前で寝てる親父を見て、なんてつまらなそうな休日なんだろう、と思ってた。

 

兄弟が今日どこに行くのか、なんかまったく気にかけなかったし、どうでもよかった。

 

自分が働き始める前は。

 

いつも自分のことを気にかけている母のありがたさに気付くし、毎日働く父の偉大さに気付く。仕事のプレッシャーの中で健康的に過ごすことがこんなにも難しいとは思ってなかった。学生だからといって 無茶をして、健康に害を及ぼすようなことはしてほしくない。 

 

 働き始めてから家族のありがたみ、自分を支えてくれる人の存在に気付いた。家族をもっと大事にしたいと思った。