Web制作会社で働く新卒1年目のブログ

優しく、強く、カッコよく生きたい

「理想と現実のギャップ」

社会に出て働き初めて半年。

先輩に仕事を教えてもらいながら、失敗しても励ましてもらって、楽しく働いている予定だった。でも現実は何もわからない案件を担当して先輩とクライアントとの間の伝書鳩をするだけ。しかも案件の責任者(ディレクター)は君だからとか言われて、先輩すら気づいていなかったことの責任を自分の責任にされる始末。

激しくうざい。

自分の知識が足りないから気づけない、と言えばそれまでなんだけど、知識不足を指摘するなら、せめてわからないことがあったら質問できる環境が欲しい。今、自分の担当している案件だと、同じ業務を担当している先輩と別の勤務先(先輩はクライアント先に常駐))だし、働き方改革に伴う残業禁止、とか言って業務量は減らないくせに、勤務時間だけ短くしやがるし、業務時間外の連絡とかは、「先輩に失礼だろ」みたいな雰囲気出しやがるし、本当にうざい。

こっちは何もかもわからねぇんだよ。たこ。

やたらめったら先輩に気を使うの本当疲れるし、人それぞれ成長の仕方は違うのに全く考慮しないの、人のことを全然思いやってない気がして本当にムカつくし、ビジョンに仲間とかつけてるくせに他の人が困ってるときに全然助けないし、本当いらいらしかしない。

 

とはいえ、一流のビジネスマンになりたいと思ってこの会社を選んだわけだから、半年程度で辞めるのはなんか違う気がするし、ここで辞めたら逃げなんじゃないの、とか思わなくもない。

 

そうはいってもこの会社で業務を続けていて得られるものとは果たしてなんなのか。

マジでわからん。

 

誰かコメントください。