Web制作会社で働く新卒1年目のブログ

優しく、強く、カッコよく生きたい

マリノス対湘南 〜"惜しい"最後の15分〜


4月30日のマリノス対湘南の試合をテレビ観戦していました。
ゲームは0−1。マリノス一点ビハインド。
湘南は疲れから運動量が多いようには見えません。ボールを持ったマリノスの選手はプレッシャーを感じずにプレーしているように見えました。しかし、最後までゴールマウスを破ることはできず。。。

マリノスは前線の選手のポジショニングに工夫の余地があると考えます。
ディフェンスに張り付きっぱなしでは、パスは出せません。ボランチセンターバックの間にポジションを意識的に取る必要があります。昨日のラスト15分では斉藤学が一度、縦パスをギャップで受けたシーンがありました。

左サイドにポジションを取っていたところを後ろからのオーバーラップを察知して中に絞り、そのままボランチと中盤のサイドの選手の間に顔を出す。フリーでパスを受け、スペースへパスを送りチャンスを作りました。ボールを受けてからも無駄がなく、素晴らしいプレーでした。

このような動きをチームの狙いとして持っておくべきです。もちろん、練習していないはずがないとは思います。ただこのチームのチャンスメーカー中村俊輔は右サイドからの左足のクロスが武器です。昨日も右サイドからのクロスで斉藤学の"惜しい"シュートを演出しましたが、これは諸刃の剣なのではと考えます。なぜなら彼からのアシストをもらおうとするあまり、フォワードが間に顔を出さないという状況が生じているからです。ボランチに入ると中村に渡せ、という空気が満々でしたね。

最後の15分、長年変わらぬ攻撃パターンだったのは"惜しい"。ただもう一つの県内J1チーム、川崎があれだけ派手なサッカーをしているだけに、ファンのブーイングにも共感ができないわけではありません。中村頼みの攻撃はチームの状況を改善しないと考えます。